名古屋水道チーム

【 トイレのメンテナンス 】

水道チーム

トイレの修理方法

水道回りトラブルで一番多いとされているのはトイレつまりです。
そこで、詳しくトイレつまりの対処方法をご紹介します。

まず、軽度のトイレつまりが起きた時は、最初にトイレ用の吸引カップを使用します。中央に穴を開けたビニールに吸引カップを通して便器を覆うようにすれば作業中に水が飛び散らないで済みます。そして、詰まりの原因を手前に移動させる事がポイントです。これを何度か繰り返す事でトイレ詰まりが移動して水が流れるようになるでしょう。詰まりが取れたと判断したら水を少しずつ便器に流し入れて下さい。

まだ、トイレ詰まりの症状があると感じられたら、先程の動作を繰り返してください。

それでもトイレつまりが直らない場合には、便器内の水を全部抜き取ります。
その時は、灯油を入れる時に使うポンプ等がお勧めです。便器内を見る事は大変なので鏡を使用して中に詰まりがあるかどうか確認してください。詰まりが見えたらトイレ用のワイヤークリーナーを奥に入れ詰まりを修理しましょう。詰まり物にワイヤーを引っ掛けて、そのまま抜き取ります。
この時に便器に傷がついてしまう事もあるので底面に雑巾等の布類を敷くなどして予防対策を怠らないようにしてください。灯りで鏡を照らしても見えない場合は本格的にトイレを外してのトイレ修理となり、かなりの技術が必要になります。修理をする時は、必ず給水管の止水栓を閉じてください。
給水管や排水管をウォータープライヤーで外し、便器内の水を全て抜き取ります。次に、トイレタンクを便器から取り外します。タンクした左右2ヶ所のナットを外せば分離できます。そして、便器の固定ナットを左右外すのですが化粧ビスは陶器やプラスチックで出来ているため非常に割れやすくなっているので注意して下さい。そして、便器を外します。この時も陶器は非常に割れやすく、重いので二人以上で持ちあげましょう。便器を裏返して詰まりがないか直接見て確認します。
その時点で詰まりがあればホースで流せば容易に取れます。排水管が詰まっているならばパイプクリーナーを突っ込みます。この時便器と排水管の間にパッキンシールがあります。破損する可能性があるので要注意です。トイレつまりと聞くと面倒くさいと思われますが、水道修理関連の知識がある方でしたら、トイレつまりもご自身で直す事が出来ますので水道修理業者に依頼する前に単純なトイレつまりなら一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

blog-a blog-b blog-c blog-d blog-e blog-f blog-g blog-h blog-i blog-j blog-k blog-l blog-m blog-n blog-o blog-p blog-q blog-r blog-s blog-t blog-u blog-v blog-w blog-x blog-y blog-z 

総合受付電話