名古屋水道チーム

茨城県の情報

茨城水道チーム

茨城県のタウン情報



関東地方の北東に茨城県が位置しています。太平洋側に接していて、江戸時代には、徳川御三家の水戸藩のお膝元でもありました。県庁所在地は水戸市。県境となる北部には、阿武隈山地の南端に当たります。南部は、関東平野が広がっています。南部には、日本第二の面積を誇る霞ヶ浦が位置しています。最南端には、利根川が県境に沿って流れていたりして、水や緑の豊かな自然に囲まれた地域と言えます。


茨城県の地名由来
県名は、県成立時に県庁所在地であった郡名を使用している。郡名の「茨城」の由来は、「常陸国風土記」に黒坂命が賊を討つため茨で城を築いたという説や茨で退治したという説があります。古来、「いばら」は「うばら」「うまら」「むばら」と言って、茨城も古くは「うばらき」であったことから、文字通り「いばら」は、トゲのある低木のことであると想定される。茨城の「城」については、古く「木」と書き「茨木」であったとする説や「城」を意味する「柵」であったとも憶測されています。

茨城県の歴史
茨城県周辺は、奈良時代に常陸国と中央政権と陸奥を結ぶ要衝でしたが、平将門の乱後は平氏が統治していました。その後、鎌倉時代になると結城氏や佐竹氏など地元武士団が勢力を拡大させて戦国末期に佐竹氏が統一するまで、度重なる戦乱が起きていました。江戸時代以降、幕府は、この地を政治的重要な地と位置づけて、水戸藩は、徳川御三家のひとつとして幕政に関与しています。幕末には、藩を二分する党争が勃発し藩政が失墜した頃に明治維新を迎えました。明治の廃藩置県後、一部が千葉県に編入されましたが、現在の茨城県が誕生しました。



茨城県出張対応地域一覧
茨城県 石岡市 潮来市 稲敷市 牛久市 鹿嶋市 神栖市
古河市 常総市 つくば市 つくばみらい 土浦市 取手市
行方市 坂東市 龍ヶ崎市 かすみがうら 守谷市

総合受付電話